No. 37

「美容院」と「美容室」の違いってな~に??

突然ですが、ふと気になったので調べてみた!の記事になります(笑)
 
以前は、「理容室」と「美容室」の違いについてをまとめてみましたが、
今夏は、皆さんもよく耳にする「美容院」と「美容室」は、どっち?!です!!
おそらく、美容師さんでも曖昧にしか知らない内容ではないしょうか??(笑)
何が違うの?!って人の為に解説してみます♪
 
結論から言うと、言い方の違いだけで、特に意味に変化はありません。
いきなり「なんじゃそら!!」と叫んだ人もいそうな雰囲気が伝わってきますが…(笑)
 
本題に入りますが、そもそも「美容室」という言葉は、辞書には存在しません。
逆に、「美容院」は辞書に存在します。
辞書には「美容師が、パーマなどの美容術を施す営業施設。」との記載があります。
つまり、言葉として正しくは「美容院」が正解ということになります。
 
では、実際に使われている頻度に違いはあるのか?を調べてみました。
 
まずは、ホットペッパービューティーにて、それぞれの単語を含む件数を調べてみると、
美容室は21,000件なのに対し、美容院は15,000件しかありません。
 
グーグルの検索結果を調べてみても、
美容室は75,000,000件、美容院は66,000,000件です。
 
つまり、世の中では辞書には載っていない「美容室」で、まかり通っている結果になりました。
確かに私も「美容室」の方が多く使っている印象があります!!
 
他にも似た言葉として「美容所」「理容所」があります。
これは、美容室を新しく開業するときに、保健所へ届け出をするとき用いられる言葉です。
なので、一般の方には全く関係なく、馴染みのない言葉ですね(笑)
 
結果、「美容院」でも「美容室」でも間違いではない!!
あえて言うなら「美容院」が辞書に載っているので、言葉的には正解かもしれないが誰も気にしない!!
ってことですね(笑)
 
でも、もうひとつ…「理容室」はあって「理容院」と言わないのはなんでだろう…??(笑)
 
終わり♪♪